img076長男の家と同じく次男の家の設計も東京の兄に依頼した。
その頃次男家の長女・二号は二歳だった。
打ち合わせに何度も来る兄、ある日「この子、奈良美智の絵の女の子に似てるよね」と言い出した。
その後も「やっぱり似てる」と何度も。終いには小さな画集まで送ってきたとか。

恥ずかしがり屋さん、ふと見せる表情が似てるかな?少し、ほんの少し離れている目の間隔がそうさせる?

五歳になった二号、似ていないよ。
絵に似ていた君も今の君も良い子。