img101先週月曜日に人工関節置換手術のその後を検査してきました。相変わらず混みあっていました。
今回4年目と言う事で本来なら執刀医の検査ではなかったのですが反対側の右足の痛みが出始めていたので執刀医に診察をお願いしました。

結果としては進行性だから何れ手術しなければならないと言われました。経験済みです。この痛みから解放されるのならば手術は大丈夫。
「来年一月に手術って決めて来ました。」と言うと「いや〜この状態ではまだ早い、勿体無い。でも痛いなら痛み止めを服用して」

考えられる痛みの原因も聞き、状態が変わったら再診を早めるように言われ帰路に。

この右足の痛みは思ってもみなかった事で確かに行動を起こす気持ちが萎えていますが暖かさに緩和してくれる事を期待しようかな〜と。でもねぇ〜〜〜。゜゜(´□`。)°゜。